見出し hamburger arrow home scrollable_table

Guardant360

ガーダント360はCLIAとCAP-LAPの認定・承認を受けているGUARDANT HEALTH社が開発した遺伝子検査です。
NCCNガイドラインに沿っています。
全世界の数千人のがん専門医師が採用しており、トップレベルの米国及び国際がん治療・研究施設における使用実績や、数万例の患者様における検証データ、検査実績があります。

進行がんの方に適した検査です。

進行がんで、多発転移を起こしている患者さんは、原発巣と転移巣の遺伝子変異が異なっているケースが多くあります。がん細胞はその姿を刻々と変える特徴があります。半年たつと全遺伝子の4割がすっかり姿をかえてしまったという論文がガーダントとペンシルバニア大学共同で発表しており、がんの状態を逐一、把握できれば適切な処置が可能になります。
原発巣にあわせて有効であろう抗がん剤を使うわけですが、まったく異なったタイプのがん病変であった場合、組織生検しなければ抗がん剤を適切に投与することが困難です。ここで重要なのは、血液を循環しているDNA(ct-DNA)を検出して分子標的薬を決定することです。
生検はリスクと痛みを伴います。また、組織生検の50%超で、検査に十分なDNAが得られず、生検採取部位以外に存在する治療可能な変異を見落とすことがあります。それに対して、ガーダント360は、安全で痛みを伴わない検査として、固形腫瘍、特に骨などの生検が困難な領域で幅広く使用されている画期的な血液検査です。

メリット

  • ● 組織生検の反復に代わる、採血だけの検査方法
  • ● 進行固形腫瘍を有する患者様向けの検査
  • ● タイムリーに結果を判定し、治療方針の決定を補助
  • ● 分子標的療法のための総合的な検査
  • ● 迅速な治療を要しており、2週間以内に決断が必要とされる場合
  • ● 患者さんが非侵襲的なゲノムプロファイリングを希望している、または非侵襲的な生検を希望しない場合。

適用されないケース(当院の遺伝子診断をお勧めします)

  • 血液悪性腫瘍
  • 初期がん(ステージⅠ~Ⅱ)
  • 疾患が安定している場合
  • 化学療法や放射線治療中の方(程度によりますのでご相談ください)
  • 癌の確定診断をされてない方

検査の方法

ガーダントデジタル配列判定技術

検査の流れ

  • ① 当院にて採血(20mL)
  • ② 当院よりガーダントヘルス社(カリフォルニア)へ検体送付
  • ③ ガーダントヘルス社が結果表を作成(約2週間)
  • ④ 当院にて結果説明

お問い合わせ

お問い合わせ、受診・カウンセリングのご希望については下記の番号にお問い合わせください。

医療法人創友会 UDXヒラハタクリニック
東京都千代田区外神田4-14-1 秋葉原UDX6F
TEL. 03-3258-8080


UDXヒラハタクリニックのご紹介

【がん遺伝子検査、がん治療】

遺伝子検査

GURDANT360

ガーダント360はCLIAとCAP-LAPの認定・承認を受けているGUARDANTHEALTH社が開発した遺伝子検査です。

院内遺伝子検査

メチレーション(メチル化)、overexpression(過剰発現)、mutation(突然変異)、現在合計131項目の検査を行うことができます。

※ガーダント360の検査を受けられた方でさらに院内遺伝子検査をご希望される患者様は、当院で必要な検査項目をご提案させていただきます。

遺伝子治療

p53、P16、PTEN、FUS−1、TRAILなどのがん抑制遺伝子をリポソーム(liposome)という非ウイルス性で電荷多重膜構造を持つベクターを使用しています。

免疫治療

NK(ナチュラルキラー)細胞療法:がん細胞やウイルスを攻撃する免疫細胞

DC(樹状細胞)療法:体内でがん細胞を直接攻撃するTリンパ球にがんの目印(がん抗原)を伝え、攻撃の指示を与える免疫細胞です。

DNAワクチン療法:ウイルスタンパク質遺伝子を投与することにより、免疫源のタンパク質は体内の細胞で産生させるという、従来のワクチンとは異なるタイプのワクチンです。
DNAワクチンは、ワクチン遺伝子を組み込んだプラスミドを、大腸菌などの細菌をタンク培養で増殖させて製造します。

【保険診療・その他】

  • ● 内科一般(生活習慣病、感冒症状など)
  • ● 更年期外来(保険診療)(HRT/漢方/その他)
     ※子宮がん検診:八重洲中央クリニックと医療連携しております。
      お気軽にご相談ください。【HP】https://yaesu.centralclinic.or.jp
  • ● ED外来(自費/一部保険診療)
  • ● 重症腋窩多汗症(保険)

【各種健康診断】

  • ● 法定健康診断
  • ● 生活習慣病健診
  • ● 人間ドック

【自由診療】

各種点滴

  • ・プラセンタ注射(ラエンネック®・メルスモン®)
  • ・にんにく注射
  • ・白玉注射/点滴(グルタチオン注射)
  • ・メディカルダイエット注射/点滴
  • ・水素点滴/水素デトックス点滴/プレミアム水素点滴
  • ・慢性疲労回復点滴
  • ・キレーション
  • ・花粉症スッキリ点滴
  • ・高濃度ビタミンC点滴

各種サプリメント

  • ・天然マルチビタミン MULTIPLE VITAMIN
  • ・アンチ・オキシダント SUPER ANTIOXIDANTS
  • ・ハート(心臓)サプリ HEART
  • ・経口プラセンタ LAENNEC P.O. ~HUMAN PRACENTA EXTRACT~
  • ・OleaVitaPRO(オレアビータプロ)
  • ・AC11 PRO(エーシーイレブンプロ)
  • ・MelonGliSODinPRO(メロングリソディンプロ)
  • ・水素サプリ


がん遺伝子治療カウンセリングの
ご案内

◆資料請求(無料)をご希望の方は、こちらからお申し込みください。

外務省認定身元保証機関登録

平成27年8月7日
UDXヒラハタクリニックは、医療滞在ビザに係る身元保証機関に登録されました。
医療滞在ビザに係る身元保証機関となる医療コーディネーターの登録基準を満たすため、
外務省のホームページ(医療滞在ビザ)の身元保証機関(国際医療交流コーディネーター)登録リストに掲載されました。

外務省ホームページ 身元保証機関(登録医療コーディネーター等)リスト
登録管理番号:B-030

「がん抑制遺伝子」で
がんを根本から治療します。

がんは細胞内の遺伝子が傷つく(遺伝子変異する)ことで起こる病気です。遺伝子の傷つき方(遺伝子変異)は人によって異なります。例えば、肺がんの患者様でも、傷ついている遺伝子は、それぞれの患者様によって違うのです。

そこで当院では、がんの遺伝子診断によって、がん関連遺伝子の突然変異など、131種類の発現状態を全て検査します。患者様一人ひとりの遺伝子変異をきちんと把握したうえで、がん治療を行っていきます。

がん遺伝子治療(抑制遺伝子治療)は、正常ながん抑制遺伝子を体内入れることにより、がんの死滅や遺伝子の正常化を促す治療法です。

がん遺伝子治療 特別無料相談会
・カウンセリングご予約
お電話でのご予約・ご相談 03-3258-8080
Eメールでのご相談・お問い合わせはこちら

2~4時間の通院でできる
がん治療。 前がん状態の方、がん進行中の方も治療可能です。

がんは遺伝子の故障(変異)によっておきます。その遺伝子の変異を修理できるのが、遺伝子治療の最大のメリットです。この治療は効率よくがん細胞を減らすことができ、通常のがん治療のように、いずれ効かなくなる(耐性の獲得)はありませんので、繰り返し投与することで十分な効果が期待できます。副作用として1、2時間程度、発熱が起こる可能性がありますが、解熱剤の併用でほぼ抑えることが出来ます。

遺伝子レベルでなければ見えないがんを早期に発見。

がんの早期発見には、がん細胞が増殖して大きくなってからではなく、その前の「遺伝子変異の蓄積」の段階で診断し、治療するのが最善といえます。当院のマルチプレックスシステムのがん診断は、131種類の遺伝子を同時に検査できるシステムです。約28mlの採血で患者様の遺伝子情報を調べて診断することで、がんの予防や治療に役立てることができます。さらに、検査後3~5年間の各種のがんの発症リスクを推定します。

平畑光一

平 畑 光 一
(ひらはた こういち)

医師。医療法人社団創友会 理事長、山形大学医学部卒。東邦大学大橋病院第3内科で一般内科、循環器内科を研修。国立病院機構東京病院にて呼吸器内科研修。 その後東邦大学大橋病院消化器内科で大腸カメラ挿入時の疼痛、胃酸逆流に伴う症状などについて研究。胃腸疾患のほか、膵炎など、消化器全般の診療にたずさわった。2008 年7月よりヒラハタクリニック院長。旧通産省認定 第一種情報処理技術者。LPIC Level 1取得。

アクセス

住所
〒101-0021 東京都千代田区外神田4-14-1
秋葉原UDX6F [ GoogleMapで見る ]
Tel:03-3258-8080
/ FAX:03-3258-8088

アクセス
JR秋葉原駅 電気街口徒歩2分
つくばエクスプレス秋葉原駅
A3出口徒歩3分
東京メトロ日比谷線秋葉原駅
2番出口徒歩4分

[ Googleインドアビューで院内を見る ]